「And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.」-Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)

人生観
スポンサーリンク

意味=「そして最も重要なこと、自分の心と直感に従う勇気を持ちなさい。それらはどうにかして君が本当になりたい何かをすでに知っている。他の全てのものは二の次だ。」

スティーブ・ジョブズの名言

「And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.」-Steve Jobs

「アンドゥ モウストゥインポーテント、ヘヴダケリッジ トゥファロウユアハート エンドゥイントゥイション。ゼイサムハウ オウレディノウ ワッチュウトゥルウリィ ワントゥビカム。エヴリティングエルス イズ セケンダリィ。」

言わずと知れた巨大IT企業アップルの創業者であり実業家、パソコンのマッキントッシュの開発、iPodやiPhone、iPadを世に送り出し、世界にIT革命をもたらした寵児である、スティーブ・ジョブズの名言です。

養子としてアメリカで育ったジョブズは、幼いころから電気のシステムに興味を持ち、大学に進学するも、授業に興味が持てずに退学しますが、友人の寮の部屋に住みながら、コーラの空き瓶拾いなどで日銭を稼ぎつつ、聴講生として自分の好きな講義を受けながら大学に居座ります。

その時に学んだカリグラフィー(西洋書道)が、後にマッキントッシュを作った時に、美しいフォントの利用として役立ったそうです。

その後、ゲーム会社で働いたり、インドを放浪したりしますが、友人とアップルを立ち上げ、一時はそのワンマンな振る舞いから会社を追放されるものの、返り咲き、数々のヒット商品を世に出していきます。

発表会でしゃべっているジョブズは、一見穏やかな人物に見えますが、自分に反対する役員を辞めさせるために裏工作したり、iPod開発の際には、部下が持ってきた試作品を花瓶の水の中に入れ、「気泡が出るという事はまだ隙間がある。もっと小さく出来るはずだ。」と突っ返すなど、自分がこれと思ったことには妥協を許さない、破天荒な人物でした。

膵臓ガンを患い、西洋医学を信じないジョブズは手術を拒否して民間療法に頼りますが、進行は止まらず、なくなく手術を受けるも、その後転移があり、56歳という若さでこの世を去っています。

日本食を好み、ソニーの制服に影響を受け、イッセイミヤケに黒のハイネックシャツをオーダーしたり、禅に傾倒したりと、日本文化にも何かと造詣が深かったようです。

そんなスティーブ・ジョブズの、生き方に関する名言です。

アメリカの名門スタンフォード大学の卒業式に呼ばれたジョブズが、卒業生に向けたスピーチの中で言った言葉の一節です。

ジョブズは演説の中で、他人のことは気にせず、自分のやりたいことを貫け、というメッセージを主に学生に強く訴えています。

この言葉では、自分の心と直感に従う勇気を持て、と言っています。

心と直感は、自分がやりたいことをすでに知っている、という言い回しは面白いですね。

頭で考えるのではなく、感じろ、と言わんばかりです。

分かっていても踏み出せない人の背中を押してくれているような言葉ですね。

文の構造

「And A, have B to C. They somehow already know D. E is F.」

=「そしてA、CするBを持て。彼らはどうにかしてすでにDを知っている。EはFだ。」

「A」=「most important」

「B」=「the courage」

「C」=「follow your heart and intuition」

「D」=「what you truly want to become」

「E」=「Everything else」

「F」=「secondary」

「And most important」とは?

「and」=「そして」

「and(エンドゥ)」=「そして、及び、なおかつ、また、すると」という意味の接続詞です。

「and」=「そして」という意味になります。

「most important」=「最も重要なこと」という意味になります。

「most(モウストゥ)」=最も、最も多く、はなはだ」という意味の副詞、最も多くの、大部分の、最上の」という意味の形容詞、「最も多くのもの、大部分、大抵のもの、最上のもの・人」という意味の名詞、になります。

「important(インポーテントゥ)」=「重要な、重大な、大切な、有力な」という意味の形容詞です。

「most important」は、直訳すると、「最も重要な~」という意味で、普通は形容詞として使われますが、

今回のように、単に、「most important」=「最も重要なこと・ことは」という意味のフレーズとしても使われます。

ちなみに、「more important」=「より重要なこと・ことは」という意味になります。

「most important」=「最も重要なこと」という意味になります。

「and most important」=「そして、最も重要なこと」という意味になります。

「have the courage to follow your heart and intuition」とは?

「have the courage to~」=「~するその勇気を持て」という意味になります。

「have A to ~」=「~するAを持つ」という意味になります。

「have(ヘブ)」=「持つ、取る、食べる、渡す、もらう、所有する、過ごす、招く、もてなす」という意味の動詞です。

「the(ダ)」=「その、あの、例の」という意味の定冠詞(定まったものにつく)で、「それだけ、ますます」という意味の副詞です。

「courage(ケリッジ)」=「勇気」という意味の名詞です。

「the courage」=「その勇気」という意味になります。

「to(トゥー)」=「~に、~へ、~のために」という意味の前置詞で、「平常の状態に(戻って)、閉まって、前方に、活動を始めて」という意味の副詞でもあります。

「have the courage」=「その勇気を持つ」という意味、

「have the courage to~」=「~するその勇気を持つ」という意味になります。

「have」の前に主語がないので、命令形になり、

「have the courage to~」=「~するその勇気を持て」という意味になります。

「follow your heart and intuition」=「あなたの心と直感に従う」という意味になります。

「follow(ファロウ)」=「~に続く・従う・ついていく、続いて起こる、追跡する、つきまとう、たどる、当然~になる、~の結果として生じる、~の後を継ぐ、従事する、習う、真似る、見守る、従う、傾聴する、理解する」という意味の動詞、「追う事」という意味の名詞、「~の後で」という意味の前置詞です。

何かに付いていく、追いかけるようなイメージを持っておきましょう。

道を案内する時に、「Pleas follow me.」=「私に付いてきて。」などと使えます。

「your(ユア)」=「あなたの~」という意味の所有格です。

「heart(ハート)」=「心臓、胸、心、愛情、性格、中心、芯、ハート形のもの」という意味の名詞です。

「your heart」=「あなたの心」という意味になります。

「intuition(イントゥイション)」=「直観、直覚」という意味の名詞です。

「your heart and intuition」=「あなたの心と直感」という意味になります。

「follow your heart and intuition」=「あなたの心と直感に従う」という意味になります。

「have the courage tofollow your heart and intuition」

=「勇気を持て、あなたの心と直感に従う」

=「あなたの心と直感に従う勇気を持て」という意味になります。

「they somehow already know what you truly want to become」とは?

「they somehow already know~」=「それらはどうにかして知っている」という意味になります。

「they(ゼイ)」=「それら、彼ら」という意味の代名詞です。

ここでいう「they」は、前文の「your heart and intuition」のことを指しています。

「somehow(サムハウ)」=「どうにかして、ともかくも、どういうものか」という意味の副詞です。

「already(オウレディ)」=「すでに」という意味の副詞です。

「know(ノウ)」=「知る、知っている、経験する、理解している」という意味の動詞であり、「熟知」という意味の名詞でもあります。

「they know」=「それらは知る、知っている」という意味、

「they already know」=「それらはすでに知っている」という意味、

「they somehow already know」=「それらはどうにかしてすでに知っている」という意味になります。

「what you truly want to become」=「あなたが本当になりたい何か」という意味になります。

「what(ワット)」=「何、どんなもの、いくら、どれほど」という意味の代名詞、形容詞、副詞、間投詞です。

「you(ユウ)」=「あなたは、あなたが、あなたを、あなたに」という意味の代名詞です。

「truly(トゥルウリイ)」=「本当に、誠実に、正しく、正確に、実のところ」という意味の副詞です。

「want(ワントゥ)」=「欲する、望む、不足する、困窮する」という意味の動詞であり、「必要、必要品、不足、欠点」という意味の名詞でもあります。

「you want to ~」=「あなたは~をすることを望む、欲する、したい」という意味になります。

「become(ビカム)」=「~になる、~に合う、~になっていく」という意味の動詞です。

「you want to become~」=「あなたは~になりたい」という意味、

「you truly want to become~」=「あなたは本当に~になりたい」という意味になります。

しかし、「あなたが本当になりたい何か」と言いたいので、「what」を入れ込み、

「what you truly want to become」=「あなたが本当になりたい何か」という意味になります。

「they somehow already knowwhat you truly want to become」

=「それらはどうにかしてすでに知っている、あなたが本当になりたい何かを」

=「それらはどうにかして、あなたが本当になりたい何かをすでに知っている」という意味になります。

「Everything else is secondary」とは?

「everything else」=「他の全てのもの」という意味になります。

「everything(エブリティング)」=「何でもみんな、全て(のもの)、最も大切なもの」という意味の代名詞です。

「else(エルス)」=「他の、別の」という意味の形容詞、もしくは「さもなければ~」という意味の副詞として使われます。

「everything else」=「他の全て(のもの)」という意味になります。

「else」の用法としては、「他の、別の」という意味で使われる方が圧倒的に多く、ネイティブがよく使う言葉です。

「something else(サムティングエルス)」=「他の物」、「someone else(サムワンエルス)」=「他の誰か」などもあり、疑問文で使う時は「some」の部分が「any」に変わります。

また、授業中に先生が生徒に指名して答えさせているときなどに、「Anyone else?(エニワンエルス)」=「他に誰かいる?(答えが分かる人は)」などとも使いますし、「What else?(ワットゥエルス)」=「他に何かある?」と聞き出すときにも使います。

ちなみに、「everyone else」=「他の誰か、他のみんな」という意味になります。

「is」=「~は」という意味になります。

「is(イズ)」=「~は」という意味の動詞、be動詞です。

「is」=「~は」という意味になります。

「secondary」=「二の次の」という意味になります。

「secondary(セケンダリィ)」=「二位の、二次の、二の次の(にのつぎの)、二流の、副の、~に次いで、補助的な、中等教育の」という意味の形容詞、「二次的なもの・人、補助者、衛生」という意味の名詞です。

ちなみに、和製英語でも聞いたことがあるであろう「セカンド」と似てますが、

「second(セケンドゥ)」=「二番目、二番目の、二番目に」という意味になります。

「second」が単純に「二番目」という順序を表現しているのに対して、「secondary」は、一番より質が劣る、一番より重要ではない、という意味の「二番目」という意味になります。

微妙に意味が違うので、覚えておきましょう。

「secondary」=「二の次の」という意味になります。

「everything else is secondary」=「他の全てのものは二の次だ」という意味になります。

全てつなげて訳すると・・・

「And most important,have the courage tofollow your heart and intuition. They somehow already knowwhat you truly want to become. Everything else is secondary.」

=「そして、最も重要なこと、あなたの心と直感に従う勇気を持て。それらはどうにかして、あなたが本当になりたい何かをすでに知っている。他の全てのものは二の次だ。」という意味になります。

少し長いですが、ぜひジョブズになって気持ちで声に出して見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました