「Love the life you live, Live the life you love.」-Bob Marley(ボブ・マーリー)

人生観
スポンサーリンク

意味=「君が生きるその人生を愛し、君が愛せる人生を生きるんだ。」

ボブ・マーリーの名言

「Love the life you live, Live the life you love.」-Bob Marley

「ラヴダライフ ユウリブ、リブダライフ ユウラヴ。」

世界的なレゲエミュージシャンで、愛を歌で表現し続け、36歳の若さでこの世を去ったボブ・マーリーの名言です。

その音楽はどこかで誰しも耳にしたことがあるメロディーで、聞いていると優しい気持ちになれる、味わい深いものです。

言葉を生業にするミュージシャンらしく、言葉遊びのようでありながら、実に哲学的です。

今まで色んな失敗があったかもしれないが、そんな自分の人生を無条件で愛して認めて肯定し、また、自分がこれからそう出来るような人生を送るべきなんだ、と短い文章に非常に強い気持ちが込められた名言です。

文の構造

「Love A, live B.」=「Bを愛せ、Dを生きろ。」

「A」=「the life you live」

「B」=「the life you love」が入ります。

loveとlifeとliveとは?

この3つの言葉をうまく掛け合わせ、一つの文章が作られています。

「Love(ラヴ)」=「愛する」という意味になります 。

「Love(ラヴ)」=「愛、愛情、好きなもの、思いやり、恋愛、」という意味の名詞であり、 「愛する、恋する、好む」という意味の動詞でもあります。

「Life(ライフ)」=「人生、生活」という意味の名詞です。

「Life(ライフ)」=「人生、生活、生き方、命、生き物」という意味の名詞です。

「Live(リヴ)」=「生きる、住む、存在する」という意味の動詞です。

「Live(リヴ)」=「生きる、生きている、住む、住んでいる、存在する、暮らす」という意味の動詞です。

「Love the life you live」とは?

「Love the life you live」=「あなたの生きる人生を愛せ」となります。

後ろの部分は、普通の文だと「You live the life」=「あなたは人生を生きる」となる所を、「the life you live」=「あなたが生きる人生」となっています。

「Love the life~」=「~の人生を愛せ」と命令形で言いたいので、そのためには英語の構造上「Love」が最初に来る必要があります。

「Love you live the life」とは英語ではならずに、「love the life」=「人生を愛せ」をまず先に言い、そのあとに「the life you live」=「あなたが生きる人生を」と続きます。

日本語で言うと、「人生を愛せ、あなたが生きる人生を」と倒置法を使った文章に聞こえます。

しかし、英語は結論を先に言う言語なので、こういう表現は普通に出てきます。

日本語の場合は、テニヲハという非常に便利なものがあり、たった一言「を」とつけてしまえばそれが目的語に変わってしまい、文章として成立してしまったりします。

英語だとそれがないので、文の順序を入れ替えたりして工夫しています。

日本語とはなんて便利な言語なのでしょうか。

ともあれそういうわけで、「Love the life you live」=「あなたの生きる人生を愛せ」となります。

「live the life you love」とは?

「live the life you love」=「あなたが愛する人生を生きろ」となります。

前の文「Love the life you live」と同じように、

「you love the life」=「あなたは人生を愛する」というのが逆になり、「the life you love」=「あなたが愛する人生」となっています。

今度は「live」=「生きる」が最初に来て、「live the life」=「人生を生きろ」の後に、「the life you love」=「あなたが愛する人生」がくっつきます。

「live the life you love」=「あなたが愛する人生を生きろ」となります。

訳すると・・・

「Love the life you live, Live the life you love」=「君の生きるその人生を愛し、君が愛せる人生を生きろ」となります。

三つの似た発音の言葉しか使っていないにもかかわらず、ここまで印象的な文を作ってしまう所はさすがです。

言葉遊びの要素もあるので、この名言は日本語訳よりも、やはり原文のままを体感する方がより心に響いてきます。

名言であると同時に文章自体で楽しませてしまうというのは、実にエンターテイナーですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました