「I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.」-Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)

自分らしさ
スポンサーリンク

意味=「私は、人生の中で繰り返し、繰り返し、繰り返し何度も失敗してきた。そして、それが私が成功する理由だ。」

マイケル・ジョーダンの名言

「I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.」-Michael Jordan

「アイヴフェイルドゥ オウヴァー エンドゥオウヴァー エンドゥオウヴァー エゲイン インマイライフ。エンドゥ ダッティズワイ アイサクスィードゥ。」

 アメリカの世界的プロバスケットリーグNBAの黄金期を支えたシカゴブルズのエースで、バスケットボールの神様と言われたマイケル・ジョーダンの名言です。

得点王に10度輝き、シカゴブルズを6度の優勝に導いた立役者で、その滞空時間の長いジャンプからの華麗なダンクシュートは誰にも真似が出来ません。

プレーのみならず、渋いルックスに紳士的で落ち着いた振る舞いは男から見ても憧れるものがあります。

一度、全盛期にNBAを辞め、野球のメジャーリーグに挑戦するというチャレンジ精神も持ち合わせています。

そんなマイケル・ジョーダンの、自分を冷静に俯瞰している名言です。

この言葉は、世界的なシューズメーカー、ナイキのCMの中で、ジョーダンが試合会場に入る映像と共に、ジョーダンの口から語られた言葉の一節です。

全文は、

「I’ve missed more than 9000 shots in my career. I’ve lost almost 300 games. 26 times, I’ve been trusted to take the game winning shot and missed. I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.

=「私はキャリアの中で9000ショット以上失敗している。私は300ゲーム近く負けている。26回、私はウィニングショットを任され、失敗している。私は、人生の中で繰り返し、繰り返し、繰り返し何度も失敗してきた。そして、それが私が成功する理由だ。」と語っています。

バスケの神様と呼ばれるマイケル・ジョーダンでさえ、それほどたくさん失敗しているんだ、と思わされる一方、その失敗から学ぶことを止めないことが高みに向かう道だ、とさりげなく教えてくれている格好良い言葉です。

なんとも勇気づけられる言葉ですね。

ぜひ、映像でもその渋いジョーダンの言葉を確認してみて下さい。

文の構造

「I’ve A. And that is why B.」=「私はAしてきている。そしてそれがBの理由だ。」となります。

「A」=「failed over and over and over again in my life」

「B」=「I succeed」が入ります。

「I’ve failed」とは?

「I’ve failed」=「私は失敗してきている」という意味になります。

「I’ve(アイヴ)」=「I have」の省略形になっています。

「I(アイ)」=「私(は、が)」という意味の代名詞であり、「私、自我、我」という意味の名詞でもあります。

「have(ヘブ)」=「持つ、取る、食べる、渡す、もらう、所有する、過ごす、招く、もてなす」という意味の動詞です。

今回は、「have」+「動詞の過去分詞形」の現在完了形として使われているので、本来持つ「have」自体が持つ色んな言葉の意味は当てはまらないので、注意です。

「failed」=「fail」の過去形、過去分詞形です。

「fail(フェイル)」=「失敗する、落第する、衰える、不足する、動かなくなる、見捨てる、~の役に立たない、しそこなう、破産する」という意味の動詞です。

「I have failed」=「私は失敗したことがある、失敗してきている」という意味になります。

「have」+「動詞の過去分詞形」とは?

「have」+「動詞の過去分詞形」=「~したことがある、ずっと~している、~してきている」という意味になります。

過去から現在まで、何らかの行動や状態が続いていることを言いたい時に使う用法です。

例えば、

「I have seen Michael Jordan 10 years ago.」=「私は10年前、マイケル・ジョーダンを見たことがある。」

「I have lived in Tokyo for 5 years.」=「私は5年前から東京に住んでいる。」

「I have lost my wallet.」=「私は財布を無くしてしまっている。(今もない)」

などと使えます。

「I lost my wallet.」=「私は財布を無くした。」だけでも、その時の状況やその人の言い方の感情などでもちろん意図は伝わりますが、細かく考えると、「一度無くしたが今は見つかった」のか、「今もない」のかが分かりません。

「have」が入っていることで、「今もない」というニュアンスがはっきりと伝わります。

ただの過去形よりも、より深みのある言い方が出来ます。

「over and over and over again in my life」とは?

「over and over and over again」=「繰り返し、繰り返し繰り返し何度も」

「over(オウバー)」=「上に、越えて、向こうに、一方から他方へ、逆さまに、倒れて、越して、余分に、終わって、至るところに、あふれて、通じて、全部通して、もう一度、繰り返して、余りに、ずっと」という意味の副詞、「~の上に、~をおおって、~を越えて・超えて、一面に、~を通して、~の向こうに、~を横切って、~を支配して、~の中、~しながら、~について、~以上、~に比べて、~で割る」という意味の前置詞、「上の、上部の、外側の、余分の」という意味の形容詞、「余分」という意味の名詞です。

使い方が非常に多い言葉ですが、基本的なイメージとしては、「上を覆う、上の方の、~より上」というイメージを持っておいて、後はその都度覚えていきましょう。

今回は、「繰り返して」という意味で使われています。

「and(エンドゥ)」=「そして、及び、なおかつ、また」という意味の接続詞です。

「again(エゲイン)」=「再び、その上、元の所に、さらに」という意味の副詞です。

「over again」=「もう一度、最初から、繰り返して」という意味の熟語で、

「over and over again」=「繰り返し繰り返し何度も」という意味の熟語です。

今回の文はさらにもう一個「over」がついて、「より繰り返している」ニュアンスを強調しています。

「over and over and over again」=「繰り返し、繰り返し繰り返し何度も」という意味になります。

「in my life」=「私の人生の中で」という意味になります。

「in(イン)」=「~の中に・で」という意味の前置詞、「中へ」という意味の副詞、「内部の」という意味の形容詞、「s」がついて「与党、現職者」という意味の名詞でもあります。

「my(マイ)」=「私の~」という意味の所有を表す代名詞です。

「あなたの」であれば「Your(ユアー)」、「彼の」は「His(ヒズ)」、「彼女の」は「Her(ハー)」、「彼らの」は「Their(ゼア)」が、所有するものの前につきます。

「life(ライフ)」=「人生、生活、生き方、命、生き物」という意味の名詞です。

「my life」=「私の人生」という意味になります。

「in my life」=「私の人生の中で」という意味になります。

「over and over and over again in my life」=「私の人生の中で繰り返し、繰り返し、繰り返し何度も」という意味になります。

「I’ve failed over and over and over again in my life」とは?

上記を全てつなげて、

「I’ve failed over and over and over again in my life」

=「私は、私の人生の中で繰り返し、繰り返し、繰り返し何度も失敗してきている」という意味になります。

「and that is why I succeed.」とは?

「That is why~」=「それが~の理由だ」という意味になります。

「that(ダット)」=「あれ、それ、あの人」という意味の関係代名詞、「あの、その」という意味の形容詞、「そんなに」という意味の副詞、「理由・結果・目的」などの用途で使われる接続詞でもあります。

「is(イズ)」=「~は」という意味の動詞、be動詞です。

「why(ワイ)」=「なぜ、どうして、~する理由」という意味の副詞、「理由(複数形で)」という意味の名詞、、「おや、あら、まあ、なに、えーっと」という意味の間投詞です。

「that is why~」=「それが~の理由だ、だから~だ」という意味のフレーズで、会話中にも頻繁に使われる言葉です。

例えば、旅行で目的の名所に着いて、景色がすごくきれいな時に、

「That is why I came here.」=「それ(景色)が私がここに来た理由だ。」などと使うことが出来ます。

「that is why~」=「それが~の理由だ」という意味になります。

「I succeed」=「私は成功する」という意味になります。

「succeed(サクスィード)」=「成功する、うまくいく、出世する、続く、継承する」という意味の動詞です。

ちなみに、「success(サクセス)」=「成功、うまくいく、成功者」という意味の名詞で、これの動詞バージョンが「succeed」ですね。

「I succeed」=「私は成功する」という意味になります。

「and that is why I succeed」=「そして、それが私が成功する理由だ」という意味になります。

全てつなげて訳すると・・・

「I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.

=「私は、私の人生の中で繰り返し、繰り返し、繰り返し何度も失敗してきた。そして、それが私が成功する理由だ。」という意味になります。

少し長いですが、ぜひ声に出して読んでみて下さい。

いつか自分を振り返った時にこんなことが言えるように、精進していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました