「Remember that time is money. 」-Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)

お金
スポンサーリンク

意味=「覚えておきなさい、時間はお金だと。」

ベンジャミン・フランクリンの名言

「Remember that time is money. 」-Benjamin Franklin

「リメンバーダットゥ タイムイズマネー。」

アメリカ合衆国建国の父の一人であり、印刷業や新聞業を経て、政治家になり、アメリカ独立宣言に署名した5名のうちの一人で、100ドル紙幣には彼の顔が印刷されています。

気象や物理を研究した科学者でもあり、凧を使った実験で雷が電気である事をつきとめ、避雷針やグラスハーモニカ、遠近両用メガネなどを発明しました。

その発明は特許を取らずに公開し、図書館や大学を作ったりなど、社会貢献にも尽力しました。

ベンジャミンが生まれた家庭は貧しく、10歳までしか教育を受けられず、12歳から印刷会社で働き始めるという壮絶な幼少期を送っていますが、アメリカを代表する政治家にまで上り詰めました。

自分に厳格なルールを課し、それを実行するという真面目な性格ですが、権威主義を嫌う柔軟な考えの持ち主でもありました。

そんなベンジャミン・フランクリンの、時間に対する捉え方の名言です。

「時は金なり」という日本語のことわざの元になった言葉です。

ベンジャミン・フランクリンが、「若い商人へのアドバイス」という短いエッセイの中で書いている言葉です。

働かない時間を日給に換算すると、半日働かなければ、その間にお金をほぼ浪費しなくても、日給の半分を捨てているのと同じだ、とエッセイの中でベンジャミンは言っています。

ただ時間は大事だ、というより現実的で具体的な意味が込められている言葉です。

お金を稼ぐにしても稼がないにしても、時間はお金以上に重要なものであると思いますが、若い頃は特に、時間は無限にあるように錯覚してしまいます。

当たり前の様にある時間とは何かを意識させてくれる名言です。

文の構造

「remember A」=「Aを覚えていろ。」となります。

「A」=「that time is money」が入ります。

「Remember that~」とは?

「remember~」=「~を覚えていろ」という意味になります。

「remember(リメンバー)」=「記憶する(に留める)・している、覚えている、思い出す、贈り物をあげる、よろしくと伝える」という意味の動詞です。

「覚える」と「思い出す」の両方の意味があるので注意です。

「remember」は、「記憶の中に置く」というイメージを持っておきましょう。

今回は「覚える」方で使われていて、主語がなく動詞が先に来ているので、命令形になっています。

「remember」=「覚えろ」=「覚えていろ」という意味になります。

「that」=「それ」という意味になります。

「that(ダット)」=「あれ、それ、あの人」という意味の関係代名詞、「あの、その」という意味の形容詞、「そんなに」という意味の副詞、「理由・結果・目的」などの用途で使われる接続詞でもあります。

「remember that」=「それを覚えていろ」という意味になります。

「that」=「それ」とは何か、というと、「それ」以降の文章が「それ」の内容になっています。

「time is money」とは?

「that」以下の「それ」の内容になります。

「time」=「時間」という意味になります。

「time(タイム)」=「時間、期日、時代、機会、回数、倍」という意味の名詞、「時間を計る、拍子を合わせる」という意味の動詞、「時の、時限装置の、分割払いの」という意味の形容詞でもあります。

和製英語でも聞く「タイム」と同じですね。

「is」=「~は」という意味になります。

「is(イズ)」=「~は」という意味の動詞、be動詞です。

「money」=「お金」という意味になります。

「money(マニィ)」=「お金、通貨、富み、収入、賞金、金額」という意味の名詞です。

和製英語でも聞く「マネー」です。

「time is~」=「時間は~だ」という意味になります。

「time is money」=「時間はお金だ」という意味になります。

全てつなげて訳すると・・・

「Remember that time is money.」

=「それを覚えていろ、時間はお金だ。」=「時間はお金だと覚えていろ。」となります。

ベンジャミンの言う様に、時間を大事にしていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました